トンネルの向こうから

不安定な気持ちを言葉にしたい。それだけの気まぐれなブログ。口語自由詩ばかり。
くだらない近況報告も挟みつつ。
過去に書いたものも少々。
2016.7.5開設

平和な永遠の夜

世界中に溢れている敵意が

誰の元にも届かないで

太平洋の真ん中で

魚のエサにでもなっていればいいのに


誰もが笑っている世界で

深海魚だけが

暗闇の中で寂しさをつついている


光を知らないから

ときどき頬をかすめるものに

愛しさや温もりを感じる


そんな優しいいきもの


太陽が昇らなかったら

私たちも優しくなれるだろうか


冷たい鉄屑なんか捨てて

隣に座る誰かの手を

そっと握れるのだろうか






~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

この詩は「背景」を書いてる途中で出来たものなので冒頭部分が似ています

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。