トンネルの向こうから

不安定な気持ちを言葉にしたい。それだけの気まぐれなブログ。口語自由詩ばかり。
くだらない近況報告も挟みつつ。
過去に書いたものも少々。
2016.7.5開設

孤独死

私が綺麗な言葉を書けない間

私は世界のどこにもいなかった


レースカーテンの向こう

太陽の光に当てられた人だけが生きていて

愛や恋のことをしきりに歌っていた



透明になりきれない空気が満ちた4畳半


過去の人が歌った青春を聴いている私は

誰にも必要とされていない


醜い自分と対峙して

ようやく絞り出した言葉が

ベルトコンベアーの上を流れるように外の世界へ出ていって

また私を独りにした


世界にたった1人で生きていれば何の価値もないこの言葉を

どうか私の棺桶には入れないでください

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。