トンネルの向こうから

定形も自由もいろいろ

不安定な気持ちを言葉にしたい。それだけの気まぐれなブログ。口語自由詩ばかり。
くだらない近況報告も挟みつつ。
過去に書いたものも少々。
2016.7.5開設

君はかわいい

「幸福を他人に預けてはいけないよ。」 君に何度も言った。 君の大好きな人が君の幸福と一緒に死んだら、嗚咽しか残らないのを知ってるだろう? 君はその時、 誰かにとっての悪魔になるんだ。 君の笑顔はかわいい、大好きだよ。 だから自分を誇って。 悪魔になんてならないで。 君は君の幸せだけを願って、 明日を好きでいればいいよ。

眠れぬ夜を

君が今日死ぬかもしれない、 そんな不幸な考えが僕を生かしていた。 君は一度だって僕の幸せも不幸も願ったことはないだろうけど、 僕は君の幸せだけを願っているよ。 毎日美味しいご飯を食べて9時間眠る。 病気になんてならなくて、 僕ではない誰かの隣で笑う。 それだけのことを大切にしていて。 少しずつ傾くサジタリウスが君の心臓を射抜くその日まで僕は、 ありったけの珈琲を飲んで、 眠れない夜を繰り返してお…

平和な永遠の夜

世界中に溢れている敵意が 誰の元にも届かないで 太平洋の真ん中で 魚のエサにでもなっていればいいのに 誰もが笑っている世界で 深海魚だけが 暗闇の中で寂しさをつついている 光を知らないから ときどき頬をかすめるものに 愛しさや温もりを感じる そんな優しいいきもの 太陽が昇らなかったら 私たちも優しくなれるだろうか 冷たい鉄屑なんか捨てて 隣に座る誰かの手を そっと握れるのだろうか ~~~~~~~…

電車に揺れる

私は海辺の町には住んでいない 波形も、波打ち際の音も、思い出せない 海辺町を横目に通過する、故郷への電車 ガタガタゴトン、ガシャンガチャン この揺れが波形で、この音が波の音だと思っている 無機質な海 この海が誰かの命の上にあること、 私達は考えたりしない 車輪のサビが血液ではないと証明できないのに 枕木の下の無数の命は目に見えない ガタガタゴトン、ガシャンガチャン この揺れが命で、この音が呼吸だ

嫌い

君が嫌いです 君が宣言する悪意の数だけ 憎しみと冷笑が世界に広がって 君の知らないところで 愛情は死んでいる 後味の悪い人生だって 全部君のせいなんだ

【近況報告】

お久しぶりです。 先日、とある友人から4年ぶりにLINEの通知が届きました。 「そろそろ忘れちゃうかと思って」って 。 みなさんは、4年も連絡のない友達を「友達」と呼べますか?それとももう縁が切れてしまった「知人」だと思いますか? 私ははっきりと「友達」と言えますよ。 私は、会って話をしないと切れてしまうような関係が苦手です。 そこに居て、なにか話したいことがあれば話すけれど、そうでなければヘッ…

時計の音がやけに気になる午後7時 鍋の油が飛んできたので舌打ちをした 足を動かすのも嫌になった 頭痛がするので太ももをつねった チャイムの音が怖かった 孤独に耐えかね目をつぶった 笑うのが少し下手になった 胸が痛むので腕をかじった 手首の肉は甘かった

【近況報告】

前回の近況報告から随分と経ってしまいました。 え?「次回の投稿は早いだろう」って言ったじゃないかって? はて……そんなこと言いましたかね(;;゚; ;゚;) …………ええ、完全に忘れていました ダラダラ過ごしていたので感性もすっかり死んで、詩を書くこと自体忘れてました。 最近大学の講義で中原中也についての話があって、ようやくブログのことを思い出した次第です😅 とは言っても読者もいない、趣味でや…

最後の音

泣けよ少年 駅の構内 カラカラの喉から グワーッと響いて 遠くへ行く君の父へ 鳴けよ少女 駅のホーム その身体をバラバラにして キリキリと揺れる 遠くへ行く君自身の音

【近況報告】

久しぶりの更新です しばらく詩を書かないうちに作風が変わってしまったような気が…… いつか自分の作風を確立したいものです さて、今日は私の誕生日だったのですが 自分の人望の無さに情けなくなり、本当に辛い1日でした 10数人からお祝いのメッセージを貰いましたが、友達だと思っていた人からの連絡はなく、片想いより一方通行な友情ほうがひどく痛いものだなと感じました そんな最低なバースディの最後に暴飲暴食…